清水尋也の年齢が思ったより若かった!「ミスミソウ」の演技に注目

 
清水尋也 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。kozimiです。 3人の子育てが修了したベテラン主婦です⁇ 年齢と共にお肌や身体にいたわりが必要と探求中です。 食べ歩き、エイジングケアに関することを書いています。

人気急上昇中の俳優清水尋也さんが出演する映画「ミスミソウ」が2018年4月7日に公開されます。

清水尋也さんといえば、最近まで広瀬すずさんが出ていた、「anone」というドラマで注目されましたが、年齢が不詳だったので調べてみました。

併せて、プロフィールも紹介していきます。

スポンサードリンク

 

清水尋也のプロフィール

清水尋也 名前 

【名前】:清水尋也(しみずひろや)

【生年月日】:1996年6月9日

【出身地】:東京都

【身長】:186㎝

【血液型】:O型

【足のサイズ】:28㎝

【兄】:清水尚弥

 

なんと、清水尋也さんは、現在、19歳!! まだ10代でした。

落ち着いた顔立ちと、声のトーンから20代後半くらいかと思ってました‼︎‼︎‼︎

まだまだ若かったんですね。

 

清水尋也の出演作品

 

清水尋也 名前 

【映画】

・ラジオデイズ

・世の中はざらざらしている

・陽だまりの彼女

・「渇き。」

・ソロモンの偽証 前編・事件  /  後編・裁判

・ストレイヤーズ・クロニクル

・ソ満国境 15歳の夏

・ちはやふる 上の句 / 下の句

・ちはやふる 結び

・ハルチカ

・逆光の頃

・ミスミソウ(2018年4月7日公開)

・3D彼女 リアルガール

 

清水尋也 渇き。

 

【テレビドラマ】

・高校入試

・放課後グルーヴ

・天使のナイフ

・ひと夏の隣人

・anone

・電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜

 

清水尋也 anone

 

清水尋也のデビューのきっかけ

清水尋也 ちはやふる

 

清水尋也さんのデビューのきっかけは、スカウトです。

4つ上の兄・清水尚弥さんの主演映画『からっぽ』の試写会で事務所の人に誘われて演技のレッスンを始めることになりました。

最初は、恐る恐るだったものの、楽しく充実した日々だったことから、芸能界入りを決めたそうです。

 

きっかけとなった兄との関係は

「家であまり仕事の話は、恥ずかしいのでしない」

「お互いの出ている映画はチェックするので、見たときに感想を言い合う」

と、話しています。

 

学業とレッスンを両立させながら、初めて出演した作品は2012年の映画『震動』。

その後、同年10月期のフジテレビ系ドラマ、『高校入試』に出演しました。

 

2014年には、中島哲也監督の『渇き。』でボク役を獲得し、壮絶なイジメ役を演じました。

『ソロモンの偽証』では、『渇き。』のボク役から一転、クラスメイトに恐怖を与える不良役を演じ脚光を浴びました。

2015年の「ソ満国境 15歳の夏」では、兄弟共演を果たしています。

2016年には、人気コミックを実写化した映画「ちはやふるに出演して、知名度が一気に急上昇しました。

 

若干、19歳で、独特な雰囲気と個性を醸し出している演技と存在感は本当にすごいと思います。

 

映画「ミスミソウ」

 

清水尋也 

 

「ミスミソウ」は、押切蓮介氏の人気漫画を実写化した映画です。

監督は、内藤瑛亮監督。

代表作には「先生を流産させる会」「ライチ⭐︎光クラブ」などがあります。

「先生を流産させる会」という映画は、タイトルにインパクトがあったので観ましたが、女子高校生が展開させていくには、少々怖いです。

 

映画の内容は

東京から田舎に転校してきた少女・春花を待ち受ける壮絶ないじめと復讐を描いたサスペンスです。その先に待ち受ける惨劇。

クラスの女王を中心とするグループのいじめが日ごとにエスカレートする中、春花の唯一の味方になったのが同じように転校してきたクラスメイトの晄(清水尋也)。

しかし、晄の暗い過去や素顔が明らかになっていく・・・

 

今回の「ミスミソウ」も、かなり迫力がありそうで、内藤監督の世界観が描かれているようです。

 

公開されるのが待ち遠しいです!

 

清水尋也の演技は

 

清水尋也さんの演技どお思われますか?

とても19歳には思えません。

 

 

「ミスミソウ」では、いじめにあう、転校生の味方になる役です。

映画の序盤とクライマックスで、全く別の人間に見えてしまう清水さんの演技には驚愕されるとあります。

シリアスな役で存在感を発揮したと思えば、2018年に公開される、「3D彼女 リアルガール」では、金髪のチャラ男役も挑戦しています。

イケメンなんで意外と似合うんですよ!

 

清水さんの演技には定評があります。

どんなキャラクターにも説得力がある演技力。

「anone」というテレビドラマでも、前半は声だけの出演で、姿を見せませんが、かなりの存在感を集めていたし、役によって顔が全然変わるので、姿が映った時もわかりませんでした。

顔が出ないので、脇役だと思っていたら、ストーリーの中ではかなりのポジションでした。

 

その時の役で髪型も変わるし顔つきが全然違って見えます。

 

まとめ

 

清水尋也は、あー見えて、意外と若く、現在19歳でした。

「渇き。」や「ソロモン」「ちはやふる」が代表作です。

パッと見は、寂しそうな印象を受けます。

でも、今流行りのいわゆる、しょうゆ顔でしょうか?

私は、結構好きな顔です。

 

しかし、どれも同一人物と思えないほど、役作りには入って、演じてるんでしょうね。

この先、どんな役者さんに成長するのか楽しみですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。kozimiです。 3人の子育てが修了したベテラン主婦です⁇ 年齢と共にお肌や身体にいたわりが必要と探求中です。 食べ歩き、エイジングケアに関することを書いています。
 

Copyright© 彩 食 研 美 , 2018 All Rights Reserved.