2018/09/18

日曜劇場「この世界の片隅に」広島に愛されるワケ!視聴率20%超え!

 
この世界の片隅に ドラマ タイトル

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。kozimiです。 3人の子育てが修了したベテラン主婦です⁇ 年齢と共にお肌や身体にいたわりが必要と探求中です。 食べ歩き、エイジングケアに関することを書いています。

「この世界の片隅に」最終話が9月16日(日曜)に放送されました。

あのコテコテの広島弁が聞かれなくなると思うと、少々残念です。

7月15日からスタートした「この世界の片隅に」ですが、ドラマに対して様々な声が聞こえてきました。

ネットからの情報は ”面白くない”  ”癒される”  と賛否両論です。

そこで今回私が気になったのが視聴率です。

驚いたのは、広島と関東の視聴率の差がハンパないということです。

今回は「この世界の片隅に」の広島と関東の視聴率を調べてみました。

最終話の視聴率は・・・

スポンサードリンク

 

広島と関東の視聴率

 

この世界の片隅に 視聴率 ドラマ

TBS系列の広島地区のローカル局「RCCテレビ」の公式ツイッターで、自局の高視聴率御礼のツイートを投稿されていました。

 

9月9日放送 第8話の視聴率 22.9%

9月16日放送 最終話の視聴率 21.8%

広島地区では大変な高数字でした!

 

RCCTV   関東地区  
第1話 20.4% 第1話 10.9%
第2話 20.6% 第2話 10.5%
第3話 22.5% 第3話 9.0%
第4話 17.8% 第4話 9.2%
第5話 20.9% 第5話 8.9%
第6話 20.4% 第6話 8.5%
第7話 22.0% 第7話 9.8%
第8話 22.9% 第8話 10.9%
最終話 21.8% 最終話 10.0% 

 

広島のRCCテレビのツイッターで投稿されている視聴率は毎週20%を超えていました。

第4話だけ17.8%なのは、広島の他局が同時刻でカープの野球中継をしていたそうです。

さすがに、カープには勝てないようですね!!!

この世界の片隅に カープ 視聴率

 

しかし、ビデオリサーチで調べた関東圏の視聴率は最高で10.9%ですね。

この差は、一体どういうことなのでしょうか?

 

広島が舞台となったこのドラマへの地元愛が凄いのです。

 

「この世界の片隅に」の視聴率が伸びないワケ

 

原作が人気漫画、アニメの映画は日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞するほどの名作です。

それなのに、視聴率があまり伸びていないのは、寂しい限りです。

しかし、この視聴率はドラマの中では、決して悪い数字ではないようです。ただ、今回「この世界の片隅に」が放送されているのが、「日曜劇場」枠です。

「日曜劇場」の9時枠といえば、歴代高視聴率を出している、エリート枠です。

 

◆ 2017年10月 『陸王』 平均視聴率16.0%

◆ 2018年1月 『99.9刑事専門弁護士 SEASON II』平均視聴率17.6%

◆ 2018年4月 『ブラックペアン』 平均視聴率 14.3%

もう少し前になると、『小さな巨人』『半沢直樹』『下町ロケット』など錚々たる顔ぶれですね。

 

ドラマの内容も、男子主人公の刑事系・医療系・ものづくり成功系が多く、池井戸潤さんや海堂尊さんといった、男同士の熱い戦いを描いたものでした。

普段は ”ドラマは観ない系” の男性諸君もこの「日曜劇場」だけは欠かさず観ているという人も多かったと思います。そういった男性陣には、「この世界の片隅に」にはハッキリ言って物足りないのかもしれません。

なので、「この世界の片隅に」の視聴率が悪いのではなく、「日曜劇場」枠だからこその、結果なのだと思います。

 

「この世界の片隅に」の評判は

 

この世界の片隅に ドラマ 評判

 

ドラマの評判は

「内容も俳優も朝ドラっぽい」

「原作にはない、現代パートはいらない」

「原作にあるようなユーモアがない」

「心温まるやり取りに癒される」

「キャストがはまっている」

 

など、賛否両論です。

 

「この世界の片隅に」が広島に愛されるワケ

 

このドラマの監督 土井裕泰さん広島県広島市の出身です。

ドラマ

「逃げるは恥だが役に立つ」「カルテット」「重版出来」「コウノドリ」シリーズ「S -最後の警官-」「眠りの森」「空飛ぶ広報室」「GOOD LUCK」ほか

映画

「映画 ビリギャル」

「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」ほか

すごいですね。とても実績のある方なのです。

 

美術担当のTBS美術プロデューサー・永田周太郎さんも広島の呉市出身です。呉はドラマの舞台でもあります。

制作スタッフに、監督をはじめ、広島出身者がいるのです。

 

まさに「この世界の片隅に」

MADE IN 広島 なのです。 

 

土井裕泰監督がRCCテレビに出演された時に、広島の高視聴率に驚かれていました。

「たくさんの方に見て頂いて感謝しています。」とコメントしていらっしゃいました。

 

今回のドラマの中で使われている広島弁。今までも広島弁のドラマはいくつも拝見しましたが、「この世界の片隅に」の広島弁は本当にリアルに再現されていると思います。

ドラマを見ていて、違和感なく聞くことが出来ます。

土井監督:広島の人は広島弁に厳しいから大変気を使ったそうです。

こういったところが、愛される理由でしょうか?

 

広島弁について詳しく知りたい方は↓

ドラマ「この世界の片隅に」の広島弁が可愛い!意味や使い方まとめ

 

「この世界の片隅に」まとめ

いかがでしたか?

「この世界の片隅に」の視聴率にこんなに差があるとは思いませんでした。

内容としても、色々な場面がリアルに再現されていて、制作サイドの方達の思いが伝わってくる気がします。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。kozimiです。 3人の子育てが修了したベテラン主婦です⁇ 年齢と共にお肌や身体にいたわりが必要と探求中です。 食べ歩き、エイジングケアに関することを書いています。
 

Copyright© 彩 食 研 美 , 2018 All Rights Reserved.